スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | PAGE TOP▲

「自分」で「自分」を癒す方法

皆さんは、外に、未知の物に、他人に癒しを求めてませんか?


私もその一人なのですが、私が実践している身近な「自分癒しの方法」をご紹介します。


ここで紹介する方法では全てを癒す事は出来ませんが、以下の状況に遭遇した時は試してみて下さい。

● パソコンで目が疲れた時
● 肩が凝った時
● 手が疲れた、足が疲れた。



自分の体の部分に不具合を感じている場合、ただその部分に市販の薬等を

服用(例えば目薬をさす・シップを貼る)するだけよりも、その部位と対話してみるのです。

「今日は、デスクワークで目が疲れたなあ、そういえばもう2時間も画面とにらめっこ

だもんなあ、いつも酷使してごめんね、お目目さん、指圧してから目薬さすからね。

本当に毎日ありがとう。」



肩が凝ったときは、ストレッチをしながら対話します。

「同じ格好でずーっといたから筋肉が緊張してつかれたね、今から深呼吸して

新鮮な血液をいっぱい送るから、またお願いね、ありがとう。」



こうして、各からだの部分を意識しながら対話をすると、不思議なことに

自分の意識がその部位に集中するため、目に見えない力が作用するように感じられます。


是非皆さんも試して頂き、結果のほうをコメント頂ければ幸いです。


にほんブログ村 健康ブログへ
ブログランキングに、ご協力お願い申し上げます。









私もたまに利用しますが、大変お得で便利です。一度覗いて見てください。↑↑↑

スポンサーサイト

テーマ:心と体にいいことはじめよう! - ジャンル:心と身体

2008/11/14 18:59 | 豆知識になれば | COMMENT(3) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲
トップへ戻る 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。